スクラブから白衣まで~多様化する医療現場の服装事情~

看護師

看護師の白衣スタイル 

病院

看護師の白衣と聞くと、様々なタイプをイメージするでしょう。男性の看護師であれば、上下がスクラブタイプで長ズボンタイプ。女性の看護師であれば、ワンピース型をイメージする人も多いです。ですが、実は白衣というのは、看護師だけが着用しているものではありません。医師や薬剤師などの医療現場で働く人は殆どの人が、白衣を着用します。また、栄養士や、研究所で働く研究者や科学者などの医療関係以外の環境でも白衣は着用されています。最近では、エステやサロンなどのエステティシャンや、利用し、整体師なども白衣を採用していることが多いです。白衣は、多くの現場で活躍しているウェアなのです。

様々な現場で愛用されている白衣ですが、看護師が着用する白衣にも様々な種類が登場しています。先程も紹介した、ワンピース型の白衣や、上下がセパレートタイプになっているタイプ、パンツスタイルなどもあります。またカラーバリエーションも増えており、白い色だけでなく、ミドリや青、ピンクなど、白衣のスタイルは多様化しています。白衣が国内で最初に採用されたのは明治時代です。明治時代に看護婦の育成がスタートしたのをキッカケに白衣や看護服が誕生しました。そこから、現在に至るまで、デザインや、材質など、幾度のスタイルの変更を経て、現在のような豊富な種類になったのです。白衣のファッション生が高まってきた理由には、男性看護師の増加や、白衣が患者さんに与える威圧感や恐怖感を軽減するためなど色々とあります。多様化する医療用ファッションスタイルに順応していくことも、これからの医療現場には必要なのかもしれません。